保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

家庭保育室

 

「家庭保育室」や「保育ママ」と言う名称、聞いた事があると言う方も多いのではないでしょうか。これらは、2010年度から児童福祉法上の家庭的保育事業として位置づけられたもので、3才未満のお子さんを家庭的に保育する少人数制の保育施設になります。

家庭保育室の3つの形態

個人実施型

保育士の資格を持つ家庭保育者がお子さんを預かり、保育を行います。人数は少なく、3人型と5人型があります。

保育所実施型

民間保育所になりますが、単独で施設を設けるのではなく、近隣のアパートの一室などを借りる形になります。個人実施型に比べて定員は多く、原則10名になります。

グループ実施型

法人や企業に雇用されている、複数の保育士資格を持つ家庭的保育者が一つの施設で協力して保育を行います。定員5人×2の10人型と、定員5人×3の15人型があります。

家庭保育室で働くには

家庭的保育者が保育を行います。家庭的保育者になるには保育士の資格が必要になり、そこに加えて市町村長が実施している基礎研修を受ける必要があります。保育士の資格が無くても働く事は出来ますが、その場合は講義の受講と、保育実習による認定研修を修了しなければなりません。そうする事で市町村長に、保育士と同等か、それ以上の知識やスキルを持っていると認められます。

家庭保育室の仕事内容やメリットデメリット

家庭保育室で働く場合、その仕事内容の特徴は、やはり人数が少ない事と、アパートの一室などを利用しているので施設の規模が小さい事になります。一人一人に目が行き届く事が出来る反面、集合住宅の中では子供の声がクレームの対象になる事もあるため、普通の幼稚園や保育園以上に気を遣う事も多いです。

こちらのページもおすすめ

no image

民間保育園

保育園にも公立の保育園や民間の保育園があります。何となく企業の形態に似ていると思われるかも知れませんが、言ってしまえば保育園も企業が運営している組織の一つなのです。例えば公立の…

no image

託児所

託児所とは、都道府県知事からの認可を受けていない認可外保育施設になります。認可は受けていませんが、その存在を自治体が把握していないと言うわけではなく、設置の際には届け出る必要が…

no image

幼稚園

保育士として働く方の中にも、幼稚園の先生にも憧れていた、もしくは今でも憧れていると言う方は多いはずです。保育士同様に、今も昔も人気の高い職業です。 記事の目次幼稚園で働くには?…

no image

ナーサリールーム

ナーサリールームでは、保育者の人数や質、衛生的であるか、園児一人あたりにどの程度の空間が確保出来るかなど、各自治体独自の基準を設けており、その条件を満たす事で保育業務の委託指定…

no image

認定こども園

近頃よく聞くようになったのが、認定こども園です。詳しくは分からないけど、何となく名前は聞いた事がある、と言う方も多いでしょう。では、具体的にどのようなものなのでしょうか。認定こ…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング