保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

家庭保育室

 

「家庭保育室」や「保育ママ」と言う名称、聞いた事があると言う方も多いのではないでしょうか。これらは、2010年度から児童福祉法上の家庭的保育事業として位置づけられたもので、3才未満のお子さんを家庭的に保育する少人数制の保育施設になります。

家庭保育室の3つの形態

個人実施型

保育士の資格を持つ家庭保育者がお子さんを預かり、保育を行います。人数は少なく、3人型と5人型があります。

保育所実施型

民間保育所になりますが、単独で施設を設けるのではなく、近隣のアパートの一室などを借りる形になります。個人実施型に比べて定員は多く、原則10名になります。

グループ実施型

法人や企業に雇用されている、複数の保育士資格を持つ家庭的保育者が一つの施設で協力して保育を行います。定員5人×2の10人型と、定員5人×3の15人型があります。

家庭保育室で働くには

家庭的保育者が保育を行います。家庭的保育者になるには保育士の資格が必要になり、そこに加えて市町村長が実施している基礎研修を受ける必要があります。保育士の資格が無くても働く事は出来ますが、その場合は講義の受講と、保育実習による認定研修を修了しなければなりません。そうする事で市町村長に、保育士と同等か、それ以上の知識やスキルを持っていると認められます。

家庭保育室の仕事内容やメリットデメリット

家庭保育室で働く場合、その仕事内容の特徴は、やはり人数が少ない事と、アパートの一室などを利用しているので施設の規模が小さい事になります。一人一人に目が行き届く事が出来る反面、集合住宅の中では子供の声がクレームの対象になる事もあるため、普通の幼稚園や保育園以上に気を遣う事も多いです。

こちらのページもおすすめ

no image

病院内保育施設

自社や近隣に保育施設を設け、従業員が仕事と家庭を両立出来るようサポートを行っている企業が増えてきました。最近では、同様の施設が病院でも取り入れられています。男性も増えてきたとは…

no image

放課後等デイサービス

放課後、何らかの事情で両親が家に居らず、一人にしておく事に不安がある子供達は、学童保育に預けられる事が多いです。しかし障害がある子供だと、学童保育で上手く同年の子供達に馴染む事…

no image

認可外保育園

認可保育園や無認可保育園と言う言葉を聞いた事がある方も多いでしょう。認可外保育園とは、無認可保育園の事になります。一般的には、施設の広さや保育士をはじめとする職員の数などの条件…

no image

託児所

託児所とは、都道府県知事からの認可を受けていない認可外保育施設になります。認可は受けていませんが、その存在を自治体が把握していないと言うわけではなく、設置の際には届け出る必要が…

no image

ベビーホテル

ホテルと言うと旅先での宿泊施設と言う印象ですが、最近ではベビーホテルと呼ばれる保育施設が増えてきました。夜中も働くお母さんや、急に遠出をしなければいけなくなったけれど赤ちゃんは…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング