保育士の就職・転職を応援するポータルサイト

病児保育施設

 

普段は保育園に預けているけれど、子供が病気にかかってしまい保育園に預ける事が出来なくなってしまった。そんな時、ご両親のどちらかがお家に居るならば家で看病をしてあげれば良いですが、夫婦共働きで急な休みをとる事が難しい場合はどうしたら良いのでしょうか。

最近増えてきているのが、病児保育施設です。病児保育施設とは、その名の通り病気にかかった子供を預ける事が出来る施設で、保護者に代わって病気の子供のお世話をします。「乳幼児健康支援一時預かり事業」として、厚生労働省から国の補助金を受けて運営されています。

病児保育の形態

病児保育には、病気が回復するまで病児を預かる「病児対応型」と、病気の回復期に入っている児童を預かる「病後児対応型」、そして施設に預けるのではなく看護師や保育士が自宅に訪問する「非施設型」の3つがあります。保育士として働きたいと考えているならば、仕事内容に加えてこの形態の違いも覚えておきましょう。

病児保育施設で働く

病児保育が雇用する保育士の数は、預かる子供の人数によって代わります。基本的には、子供3人につき保育士が1人以上になります。病児保育は職場としても保育士からの人気を集めていますが、これは預かる人数が少ないため、じっくりと保育を行う事が出来ると言うメリットがあるためです。

しかし一方で、デメリットも存在します。まず、病気にかかった子供の命を預かると言うプレッシャーに耐えなければなりません。子供の身体は大人に比べるとまだ弱く、意思や体調を上手く伝える事も出来ません。そんな子供を預かり、保育すると言うプレッシャーは計り知れません。また預かる子供は毎日代わるので、一人一人と絆を育む事は難しいでしょう。

こちらのページもおすすめ

no image

家庭保育室

「家庭保育室」や「保育ママ」と言う名称、聞いた事があると言う方も多いのではないでしょうか。これらは、2010年度から児童福祉法上の家庭的保育事業として位置づけられたもので、3才…

no image

ベビーシッター

漫画やアニメ、映画などで題材として取り上げられたり、そう言う登場人物が居る事から、ベビーシッターの存在は認知度が高いと言えます。訪問型保育とも呼ばれており、特定の保育施設を持た…

no image

幼稚園

保育士として働く方の中にも、幼稚園の先生にも憧れていた、もしくは今でも憧れていると言う方は多いはずです。保育士同様に、今も昔も人気の高い職業です。 記事の目次幼稚園で働くには?…

no image

公立保育園

学校に公立と私立があるように、保育園にも公立と私立があります。公立保育園と私立保育園の違いは、運営している団体になります。例えば公立の保育園は、公立と言う言葉からも分かる通り、…

no image

病院内保育施設

自社や近隣に保育施設を設け、従業員が仕事と家庭を両立出来るようサポートを行っている企業が増えてきました。最近では、同様の施設が病院でも取り入れられています。男性も増えてきたとは…

みんなが選んだおすすめは?保育士転職サイトランキング